車を高く売れる一括査定&高額買取!
  • 株式会社ガリバーインターナショナル
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社AutoSpirit
車売却センター.netトップ査定と手続き › 事故車を見逃さない査定のプロの目とは?

事故車を見逃さない査定のプロの目とは?

査定のプロは、『綺麗に掃除しても、隠しても事故車か見極めるポイント』を見ています。

あなたも査定のプロがチェックするところを知っていたら、中古車を購入する際の事故車の判定やメーター不正車を判断できるため、知っておいて損はないでしょう。

中古車を購入する際に、失敗しないために、事故車を見逃さない査定のプロの目を持ちましょう。チェックポイントは以下になります。

事故車をチェックするポイント

  • ボンネットとフェンダーのズレがある
  • ボンネットとフェンダーのスキマが均一でない場合、事故車でボディーが歪んでいる可能性があります。修復歴をチェックしてください。

  • ヘッドライトとボンネット、バンパーとのスキマが均一か
  • 極端にずれがある場合は、事故車の可能性があります。少しのズレは、ライトが切れた際に交換などの作業を行い、その際にズレてしまった場合もあります。

  • テールライトとトランク、バンパー、フェンダーのスキマ
  • 同じく後方の事故がないかチェックしてください。

  • ドアのまわりのズレ
  • ボルトの取りつけ部分の破損、塗装のはがれ
  • ボルトをチェックすると、事故などで修復した可能性が分かります。特に取りつけ部分の破損があった場合は確実に修理しています。塗装の剥がれや、工具でのキズがあった場合も、事故などで修復した可能性があります。

メーター不正のチェック

メーターの巻き戻しなど、メーターを見ただけでは分かりません。プロの査定士は、運転に使われる部分などから、メーターの不正が無いかチェックしています。

走行距離に対して、シートがへたっている

運転席のへたり具合をチェックしてみてください。見た目で大きくへたっていませんか。もし、見た目で分かりにくい場合は、助手席と乗り比べてみてください。乗り心地の差が大きい場合は、メーターの不正がないか、要チェックです。

ハンドルのすれや劣化がある

走行距離が多い車なら、ハンドルの使用回数も多いので、すれや劣化が激しいものです。(ハンドルカバーを使用していた場合、判断が難しいです)

アクセルペダル・ブレーキペダルのすれや劣化

アクセルペダルは走行距離の大きく関係されるものなので、細かくチェックしてみましょう。

査定のプロが見ているのは、年式や走行距離に対しての摩耗、劣化に加え、事故車を隠そうとする、修復のための不自然な形状や部品の摩耗・キズをチェックしているようです。ここが、プロの査定士がチェックする修理や清掃ではごまかせないポイントです。あなたもプロの目を知って、失敗しない中古車の購入を行いましょう。

車一括査定で売却いただいたお客様の声