車を高く売れる一括査定&高額買取!
  • 株式会社ガリバーインターナショナル
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社AutoSpirit
車売却センター.netトップ査定と手続き › 車を買取りする査定士が見るポイントとは?

車を買取りする査定士が見るポイントとは?

査定士が注目するポイントとは?

車を買い取ってもらう際に査定を行うのが中古自動車査定士です。査定士とは中古自動車査定士技能検定に合格したものに与えられる資格で、車を詳しくチェックし査定金額を提示します。

実際の査定項目は多岐にわたりますが、査定士が注目する重要なポイントをいくつかピックアップしてみました。

◎書類をもとに確認

まず、車種、グレード、車台番号、点検整備履歴などを車検証、整備手帳と照らし合わせ、間違いが無いか確認します。

◎車全体の状態

全体の傷や汚れなどとともに車のバランス、改造の有無などをチェックします。特に車体の傾きや車高、車体パネルの隙間には注意を払います。事故を起こしていない車は、ボンネットやフェンダーなどの隙間が一定なので、パネルの隙間の状態から修復履歴があるかどうかを確認することができます。

◎外装各部のチェック

車の前面部はヘッドライト、フロントガラスの状態と、ボンネットやバンパーの傷やへこみをチェックします。車体側面はドアやフレームパネルの隙間、傷、へこみのチェック。また、ドア下部に腐食がないかどうかも確認します。

タイヤハウスの中も確認し、車体後部はやはりパネルの隙間、傷、へこみのチェックのほか、ナンバープレートやマフラーの状態もチェックします

外装では天井部分もチェックします。直射日光があたる部分でもあり、塗装の劣化をおこしていることもあるため、傷やへこみに加えて塗装状態もチェックします。

◎内装のチェック

内装は機能的な装置と居住性との両方が含まれています。まず、重要な機能であるブレーキ、アクセル、ステアリングの動作に不具合がないかを入念にチェックします。次にパワーウィンドウやオーディオ機器、カーナビなどを動作させ、問題がないかどうかのチェックを行います。そのほかリクライニングシートやヒーター、シートベルトなど、内装に備わっているものはすべて実際に可動させて状態をチェックします。

トランクルームも重要なチェックポイントです。物の出し入れが多いところでもあるので、内側の傷や汚れ、へこみのチェックと、スペアタイアの状態をチェックします。

◎エンジンルームのチェック

エンジンの状態は査定の最重要ポイントです。

まずはボンネットの裏側やヘッドライトの取り付け部、ボルトの塗装状態を確認します。次に実際にエンジンを動かしエンジン音をチェックします。音に異常が感じられる場合はエンジンに不具合が生じている可能性があるので入念に行われます。そのほかオイル漏れの有無やダクトの不具合、ファンベルトの状態も詳細にチェックします。

査定士に高く評価してもらうためには

過去につけてしまった破損部分や経年劣化によるへこみや傷はプロの査定士の前では隠すことはできません。そのため、普段の運転や手入れに気をつけ、整備などをまめに行うことで査定にも差が出ます。愛車を高く買い取ってもらうためにも、日頃からの手入れを大切にしましょう。

車一括査定で売却いただいたお客様の声