車を高く売れる一括査定&高額買取!
  • 株式会社ガリバーインターナショナル
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社AutoSpirit
車売却センター.netトップ査定と手続き › 車売却に必要な書類って何があるのか?

車売却に必要な書類って何があるのか?

車売却に必要な書類や準備するものとは?

あなたの車を売却するためには書類や印鑑(実印)が必要です。車売却に必要なものはこちらでチェックしてください。

1. 車検証(自動車検査証)

車の所有者を証明する車検証がないと売却できません。車検証は国の定める保安基準に適合していることを証明する公文書です。公道を走る際にも必要なので、車に常備しなければいけません。車検証を万が一紛失していた場合は、登録した陸運局で再交付してもらいましょう。

車検証は査定を受ける前に確認して準備しておきましょう。車をローンで買った場合は、所有者名義が販売店や金融機関の名義になっている場合があります。勝手に販売することはできませんので、事前に購入した販売店にご相談ください。

【参考】車のローンが残っている場合の買取について

車検が切れていた場合の売却について

【参考】車検が切れている車でも売却できますか?

2. 自動車税納税証明書

自動車税は毎年5月に納付書が発行されます。納税した証明と書類として、自動車税納税証明書があります。一年分の自動車税の支払時に税収印が押された控えが渡されます。これが自動車納税証明書になります。軽自動車の場合は、「軽自動車納税証明書」が必要となります。万が一、紛失していた場合は、各都道府県税事務所で、納付証明の書類を無料で再発行してもらえます。

自動車税を滞納していた場合の売却について

【参考】自動車税を滞納しているんだけど売却できますか?

3. 自賠責保険証(自動車損害賠償責任保険証)

自賠責保険は、所有者が必ず入らなければいけない、法律で加入が義務付けられている保険です。車検証と一緒に保険証書の書類が保管されている場合が多いです。もし、紛失していた場合、 車の査定や売却ができません。紛失した際は、保険会社に申請し、保険証の書類の再交付を受けてください。査定の際に確認する場合もありますので、査定の前までに確認しておきましょう。

4. 実印

役所に届出、登録した印鑑です。車を売る際に作成する「譲渡証明書」の書類に捺印するために必要です。売却する車の所有者の実印をご用意ください。

5. 印鑑証明書

「譲渡証明書」に捺印するための実印が必要となりますが、その印鑑が実印であることを証明する書類で、役所や市町村役場で発行されたものです。「車所有者の印鑑登録証明書1通(通常、発行後3ヶ月以内のもの)」が車を売る際には必要となります。

6. 委任状

買取業者へ売却後の手続きなどを代理で行うための書類として委任状が必要です。委任状は、買取業者より受け取り、押印して提出します。

場合によって必要となるもの

7. リサイクル券

リサイクル法が適用になった後に車検を受けた方は、リサイクル料金預託しているので、車検証と一緒に保管されています。

8. 売却金額の振込先銀行口座情報

売却金額を振り込んでもらうための銀行口座を準備しましょう。

9. 住民票

車検証と印鑑証明の住所が違う場合に必要となります。必要な際は、役所で書類を発行してもらいましょう。

10. 戸籍謄本

結婚されて姓が変わった場合に必要となります。必要な際は、役所で書類を発行してもらいましょう。

早く売却したい方は早めに準備しましょう。

必要な書類や準備するものは、各買取業者によって変わってくる場合もあります。査定前や契約前に依頼する買取業者へご確認ください。早めの準備が早期売却を行えますので、必要な書類などは、しっかりとチェックしましょう。

車一括査定で売却いただいたお客様の声