車を高く売れる一括査定&高額買取!
  • 株式会社ガリバーインターナショナル
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社AutoSpirit
車売却センター.netトップ › 車の売却に関するQ&A

車の売却に関するQ&A

買取と下取りの違いは?

買取とは?

車の買取とは、買取専門店や業者へ車を売却することです。買取は、下取りより、高値で売却することが可能です。また、事故車や不動車などのディーラーや中古車販売店が下取りしない車でも売却することが可能です。

下取りとは?

下取りは、新しい車を購入する際に、ディーラーや中古車販売店に売却し、新しい車の販売価格より下取り価格を差し引くことを言います。下取りは、車種が同じメーカーでの新車購入と下取りをした場合、購入金額の割引と、下取り価格を併せるため、買取より若干、お得になる場合があります。また、購入した車の納車と一緒に前の車の処分が出来るため、代車の必要がありません。

下取りより買取の方が高値で売却できるケースが多い

最近では、下取りより買取の方が売却した際の価格は高いケースが多いようです。特に個人経営の中古車販売店での下取りに比べて、買取専門店へ買取してもらう方が断然、得をします。

詳しくは ⇒ 車の売却と下取りはどっちが良いか?をご参考ください。

車を売却する際は、一括見積を利用して、高値で売却できるところを見つけましょう。

車検が切れている車でも売却できますか?

車検切れの車も売却は可能です。

車検が切れた車は公道を走行することはできません。一括見積後に、ご希望する買取業者へ出張査定をご依頼ください。

車検切れの車を少しでも買取価格を高くするために売却前に行うこととは?

1.洗車する

見積前に洗車することで、見た目はかなり変わります。査定額を上げるためにも、必ず洗車しておきましょう。

2.車内の不要品を片付ける

不用品があると見た目も悪くなります。車内やダッシュボード、トランクにある私物、不用品は必ず片付けておきましょう。

3.査定しやすいように書類をそろえておく

以前受けた車検証や整備記録、取扱説明書などの書類をそろえておきましょう。
自動車税の未納や滞納がある場合はこちらをチェックしましょう。

【参考】自分でできる愛車の査定を良くする方法

車検切れの車は早く売却した方がよい

車検の期限が切れた場合と、少し残っている場合でも査定額はそこまで変わりません。

車検の期限で査定額が変わる?

しかし、中古車の価格は年式とともに下がっていきます。車検が切れてしまって、長く眠っている車がありましたら、価値が下がる前に、1日でも早く買取依頼して、少しでも高く売却しましょう。

車のローンが残っていても売却できますか?

車のローンが残っていても売却できます。車のローンが残っている車売却をするためには、まず車検証で車の「所有者名義」を確認しましょう。所有者の名義により、手続きや買取後の清算方法が変わりますので、以下で確認しましょう。

所有者が自分が名義の場合

そのまま売却することが可能です。※ただし、金融機関のローンを利用している場合は、契約内容を再確認しましょう。

所有者がローン会社等の名義の場合

ローンを完済して所有権移転の手続きが必要となります。しかし、買取業者での手続き代行で、売却後にローンの清算を依頼できます。

ローンの残額と売却後の価格の差額がある場合

売却価格がローンの残額に届かない場合は差額の現金を支払います。
売却額がローン残額より多かった場合、差額の現金を受け取ります。

ローンが残っている場合、一日でも早く車を売却することと、一括査定で一番高い業者に買取してもらい、ローンの返済にあてましょう。

ローンが残っている売却については、買取業者毎に取り扱いは変わりますので、見積依頼をする買取業者様へご確認ください。

自動車税を滞納しているんだけど売却できますか?

自動車税を納付してから車の売却をおすすめします。

車を売却する際に、買取専門店から購入者へ名義変更するために、自動車税納税証明書が必要になります。多くの買取業者は自動車税を滞納していると名義変更ができないため、買取してもらえません。

自動車税とは

毎年4月1日現在の自動車の保有者に対して課される税金です。自動車税は都道府県税、軽自動車は市町村税です。
税額は、自動車の種類(軽自動車・乗用車・トラック)+用途(自家用・業務用)・排気量等によって決まります。

自動車税は支払わなければならない

自動車税を未納の車を買取してくれる業者もあります。ただし、車を売却しても自動車税の納付義務が無くなるわけではありません。車売却後にも納付書や督促状が届きます。また、自動車税にも延滞金がつくため、早めに納付した方が良いと言えます。

滞納分の納付を済ませてから査定依頼しましょう。

改造車や廃車も売却できますか?

改造車や廃車でも売却可能です。

改造車とは、購入したノーマルの状態から社外パーツなどで、変更が加えられたものが改造車と呼ばれます。また、車検に合格しない、保安基準に適合しない車を違法改造車と言います。そのどちらの改造車でも買取は可能です。

改造された車は、メンテナンスが難しく、車検対応にも手間がかかるため、一般的には、改造車より、状態が良いノーマルの中古車に人気があり、高価で買取されています。そのため、費用をかけた改造車でも買取価格が下がる可能性があります。

高価買取される改造車とは?

改造車は、元オーナーの好みやこだわりが強く反映されてしまっているために、販売する際に、買い手が見つかり難い事もあり、中古車販売店では、査定が低くなっています。

ただし、中古車のスポーツカーや走り屋系の改造車を好んで購入するお客様は高値で購入するために、販売市場の広い買取業者では買取価格が高くなります。また、海外へも車を販売する買取業者の場合、日本のスポーツカーや10万キロを超えた改造車でも高値で取引することがあるため、買取価格が高くなります。

改造車の買取は、改造車の評価が出来る業者や広い市場を持った業者へ依頼することが高価買取ができる可能性があります。
高値で売却できるように複数の見積査定を受けましょう。

廃車でも買取できるワケとは?

廃車でも買取が可能になったワケは、車を再販するのではなく、再利用できる部品やパーツを販売することで買取が可能になっています。「動かないから」、「事故車だから」と売却すること諦めず、一括査定で、買取してくれる業者を見つけてください。

出張査定で用意しておくものありますか?

出張査定に必要なものとは?

出張査定に必要なものは主に以下の3つだけです。車検証や自賠責保険証明書は運転の際に携帯が義務付けされているものです。万が一、自宅などに保管している場合は、出張査定前に車の中へ移動しておきましょう。

出張査定に必要な3つのもの

  1. 車の鍵
  2. 車検証
  3. 自賠責保険証明書

その他、必要なものがありましたら、買取業者よりご連絡があります。

必要な鍵や書類が見つからない場合

マスターキー、スペアキーのどちらかを紛失していた場合、鍵の種類によっては査定が下がる場合もあります。もし、必要な場合はディーラーで作ってもらいましょう。車検証の再交付は管轄する陸運局で行います。自賠責保険を加入した保険会社にて再発行の手続きを行います。車検証と自賠責保険証明書は、車内に保管義務がありますので、紛失していたら、早めに再発行してもらいましょう。

出張査定前に行うべき事とは?

出張査定を依頼する前に、少しでも査定の評価を上げる準備を行いましょう。

【参考】自分でできる愛車の査定を良くする方法

出張査定を行う際に、必要なものが揃っていない場合、査定ができません。しかも、査定員に手間をかけては、印象も悪くなってしまいます。査定を良くするためにも、必要なものは必ず、出張査定前に準備しましょう。

車の査定に立ち会いが必要ですか?

車の査定に立ち会いが必要ですか?

査定を依頼する場合、特に立ち会いの必要はありません。もし、査定に立ち会いを希望する際は、査定員へお伝えください。立ち会いしない場合、スペアキーや取扱説明書・保証書・整備記録簿などはまとめて、査定員に渡しておきましょう。

査定にかかる時間は?

査定員が査定を行う間は、20~30分ほどかかります。査定後に、査定結果の説明や買取価格の提示、契約手続きの説明など、30分程のかかりますので、査定を依頼するには、1時間程の予定を取っておきましょう。

出張買取査定を依頼する場合も同じく、査定から説明に1時間ほど予定を取りましょう。

立ち会いした方が査定が良くなるのか?

車に詳しくない方が立ち会いしても、査定にプラスとなる説明ができません。下手な説明では、誤解を生み、査定額が下がるかもしれません。立ち会いしても聞かれた事だけ、正直に答える方が好印象です。

もし、車の知識があり、査定にプラスの評価をしてほしい場合は、立ち会いした方が良いでしょう。オプションパーツの説明、改造したポイントなどがあれば、しっかりとPRしましょう。また、純正パーツがある場合、どちらの方が買取額が高くなるか確認しながら、査定を進めましょう。

査定は、きちんと準備して査定を依頼すれば、特に問題はありません。下記リンク先を参考に準備してから査定を依頼しましょう。

車を売却する書類手続きに費用はかかりますか?

車を売却する書類手続きに費用はかかりますか?

車の売却の書類手続きで、お客様にご負担いただく費用は一切ございません。

※ただし、印鑑証明、住民票、戸籍の附表などの取得費用はご負担いただきます。
売却の際に必要な書類は ⇒ 「車売却に必要な書類って?」をご参考ください。

早期売却を希望する際は、事前に必要書類を確認しましょう

必要書類は買取業者より、きちんと説明があります。揃える書類も難しいものはないので、ご安心ください。必要な書類や準備するものは、各買取業者によって変わってくる場合もあります。早期売却を希望する場合、事前に確認しておきましょう。

車一括査定で売却いただいたお客様の声