車を高く売れる一括査定&高額買取!
  • 株式会社ガリバーインターナショナル
  • 株式会社ハナテン
  • 株式会社カーチス
  • 株式会社カーセブンディベロプメント
  • 株式会社ビッグモーター
  • 株式会社AutoSpirit
車売却センター.netトップ車の売却に関するQ&A › 買取と下取りの違いは?

買取と下取りの違いは?

買取とは?

車の買取とは、買取専門店や業者へ車を売却することです。買取は、下取りより、高値で売却することが可能です。また、事故車や不動車などのディーラーや中古車販売店が下取りしない車でも売却することが可能です。

下取りとは?

下取りは、新しい車を購入する際に、ディーラーや中古車販売店に売却し、新しい車の販売価格より下取り価格を差し引くことを言います。下取りは、車種が同じメーカーでの新車購入と下取りをした場合、購入金額の割引と、下取り価格を併せるため、買取より若干、お得になる場合があります。また、購入した車の納車と一緒に前の車の処分が出来るため、代車の必要がありません。

下取りより買取の方が高値で売却できるケースが多い

最近では、下取りより買取の方が売却した際の価格は高いケースが多いようです。特に個人経営の中古車販売店での下取りに比べて、買取専門店へ買取してもらう方が断然、得をします。

詳しくは ⇒ 車の売却と下取りはどっちが良いか?をご参考ください。

車を売却する際は、一括見積を利用して、高値で売却できるところを見つけましょう。

車一括査定で売却いただいたお客様の声