安く買取る悪徳買取業者を見極めるポイントとは?

買取店を選ぶ際に注意しなければならないお店があります。実は買取業者の中にはお客様から不当に安く買取を行うとする悪徳買取業者もいます。車の買取は、専門知識がなければ分かりにくいものです。分からないお客様に専門知識のある買取業者の言う事は信じてしまいがちです。そのため、買取査定を不当に下げ、お客様から安く買取をする悪徳業者もあるのです。

あなたの愛車を少しでも高く買取してもらうため、悪徳業者か見極めるポイントを紹介します。

1.見積の際に他社の金額をしつこく聞く

査定の技術が低く、営業マン自身が査定を行わず、他社の見積より少し高い費用で買取ると言ってくる買取業者には注意しましょう。買取査定の技術が低い場合、あなたの愛車がきちんと査定されない場合もありますので注意しましょう。自社で買取査定ができない、やらない業者は信用できません。

2.対応が悪い悪徳業者

見積依頼後、早朝、夜間に連絡をする業者や約束の時間を守らない、返答が遅い業者もいます。また、他社への悪口を言い、自社での契約をしようとする業者もいます。対応が悪い業者は、後々トラブルになりかねませんので注意しましょう。

3.強引な・即決させる営業マンに注意

強引に買取を決定させようとする営業マンやその場で即決させようとする営業マンがいるお店は注意すべきです。十分な説明がない、検討させる時間を与えない、営業マン都合で決めさせるなど『接客が悪い』場合、後ほどトラブルがある悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。お客様の立場に立った説明ができる営業マンがいるお店を選びましょう。

4.買取金額は中古車オークションの落札後に入金する

提示した金額にもかかわらず、最終的に中古車オークションで落札された後でしか振込しない悪徳業者がいます。また、安い金額でしかオークションで売れなかった場合、減額して振込する悪徳業者もいますので、入金方法を確認しましょう。また、何かと理由をつけて、振込日が遅い悪徳業者もあります。振込方法なども事前に確認してから、契約しましょう。

5.契約書の説明が不十分な場合は注意

買取の取引について、契約書の内容をきちんと説明してくれる買取業者は安心です。しかし、契約書の説明なしに売買契約をして、後から追加の手数料を請求する悪徳業者もありますので、必ず契約書の内容は確認しましょう。

契約内容で査定後の金額と支払い金額が違う

査定で決定した額に対して、説明の無かった手数料や査定料を差し引いた金額で振込されるような場合があります。取引前に、『最終的な買取金額』がどのように算出されるか確認しましょう。契約書の書面がある場合、しっかりと内容を確認しましょう。そして、契約内容について不明な点はその場で問い合わせしましょう。買取金額の説明がしっかりとできない車買取店は注意しましょう。

悪徳業者にかからないために、あなた自身が注意すべき事

悪徳業者が儲かってしまうと、これからも悪徳業者が無くなる事がありません。お客様がしっかりと注意して悪徳業者が見極め、『売らない』事で、悪徳業者を根絶できるようになると業界も良くなると願っています。