不人気車と言われる車とは?

中古車で、事故車などのお客様があまり購入したくない車を「不人気車」と呼ばれています。不人気車とは、事故車同様、破損や劣化による故障やトラブルの可能性がある車です。少しでも買取査定が良くするためには、事故車を購入しないことが絶対条件です。その中古車購入で失敗しないためには、不人気車となる車を知っておく必要があります。以下に不人気車についてまとめてみました。

不人気車の事故車とは?

衝突事故や追突などにより、自動車の骨格部分や主要なフレームなどに損傷を受け自走するために修理や交換をした車です。単にぶつけた、こすったなどで外装(バンパーやフェンダー)が傷つき修復した車は事故車とはなりません。

>不人気の事故車

不人気車の過走行車とは?

基本的に自動車は1年に1万キロ前後を走行すると仮定されておりそれより走行距離が多い車を過走行車となります。
※ただし、年式との関連、車の利用方法によっても走行距離は変わるので一概に「過走行車」は問題のある車とは言えません。

不人気の過走行車

不人気車の災害車や粗悪車とは?

災害車とは、大雨や洪水により冠水したり、塩害でボディー下回りが錆びていたり雹害(ひょうがい)などでボディーに複数の凹みがあるもの(またはそれを修理したことがわかるもの)を言います。また、粗悪車にはサビや傷など腐食が酷く、安全走行に問題のある故障があるもの車の事を言います。

不人気の災害車

走行距離不明車

走行メーターの改ざんや交換により正確な走行距離が分からない車の事です。(ディーラーなどで正式な交換記録があるものを除く)現在は、走行メーターの改ざんをしても、整備記録や年式などから発見されるため、走行メーターの改ざんは少なくなっています。そして、プロの査定人なら、走行距離不明車を見分ける方法があります。
参考 → 事故車を見逃さない査定のプロとは?

買取査定を良くするために良い中古車選びをしましょう

安い価格で購入できる不人気車を選ぶ人もいます。しかし、売却を考えた場合、不人気車はやはり安くでしか買取もらえず、処分に費用がかかってしまう場合もあります。少しでも買取査定が高く、安全に走行できる中古車を選べるように、良い車を見極めるポイントをしっかりと身に付けましょう。不人気車でも一括査定を使って、少しでも高く買取してくれる業者を見つけてください。