車の買取と下取りはどっちが高く売れるのか?

車を売る方法は2つあります。『買取』『下取り』です。どちらも車を売る事には変わりませんが、車種や車の現状により、『買取』と『下取り』では価格が変わってきます。あなたの愛車が買取か下取りか、どちらの方が高く売ることできるかは両社へ見積りを依頼し、査定額を比較する必要があります。

買取と下取りをどちらにした方が良いか悩んでいる方へ、買取と下取りとどちらが高く売れるのかを説明します。

売却価格が高いのは買取

>売却価格が高いのは買取

車の買い替えでディーラーの店をまわり、欲しい車を選んでから車を下取りを出してしまうと、損をする可能性があります。なぜなら、中古車の買取価格は、中古車販売市場の相場で変わります。中古車でも人気の車種は販売価格も高いために高額買取が可能になります。売却時期で人気車種や年式が新しい車種、オプション装備が良い車は高額で買取してくれます。

下取りの場合、中古車販売市場の相場ではなく、中古車査定ガイドブックなど一般的な査定で金額を決めます。そのため、買取と下取りでは買取の方が売却価格が高くなる傾向です。

また、一括見積で複数社から一番高い金額を選ぶ買取査定に比べ、下取りは新車、中古車の購入店で、新車の購入金額からの割引など、買取額に比べて低い場合が多いいのです。もし、買い替えするなら、下取りと買取の金額を必ず比べてみましょう。

まずは、簡単に相場を知る事ができます。車種、年式、走行距離からおおよその相場を調べましょう。→買取相場の簡単チェックをする

【参考】車を高く売るタイミングもあります。もし、タイミングが良い時には、早く売った方がお得です。参考記事はコチラ。

買取に不向きな不人気車とは?

下取りより買取で安くなるのが、不人気車です。不人気の車種は、買い取っても販売が難しいために買取価格は安くなる場合があります。買取額は買取専門業者毎で価格が違う為に最高額の買取を希望する場合は一括見積もりで複数業者から見積もりを取って比べてみてください。

※不人気車とは

不人気車や年式が古い車は『下取り』が良い

中古車市場で売れない不人気車や古い車は買取価格が低くなるために、下取りのように新車購入とセットで行う場合は不人気車種でもある程度の価格で下取ってくれます。乗り換えや新車購入の際には、下取りしてもらい、購入費から値引きするなどの交渉もできます。

しかし、下取りは、市場販売価格で査定しないために人気車種や良いオプション装備がついていても価格はプラスされません。
下取された車の多くはディーラーの中古販売で売られます。もし下取りをする場合は、他社への下取りは安くなるためにディーラー以外での下取りをおすすめします。

中古車の買取と購入を同じ販売店で行う方が良い

中古車を売却して、購入する予定であれば、同じ販売店が良いでしょう。車の買取価格+中古車の購入費用の割引を行うため、総額でお得になります。現在は買取業者と中古車販売を一緒に行っている販売店が多くあります。中古車の購入、売却は買取業者にもご相談してみてください。

買取の方が売却価格が高い理由とは?

買取と下取りと比べ、買取の方が売却価格が高い理由として、買取業者の販売力の違いがあります。大手の買取業者は、買取した中古車を全国で販売します。現在は、中古車の購入希望者が多く、仕入れをたくさん行わないといけないために買取価格が上がっています。もしかすると、あなたの思った以上の買取価格が提示されるかもしれません。必ず見積を比べて、より高い価格でも買取をしてもらいましょう。

車売却センター.netでは、必要項目を入力するだけで、無料で全国各地の複数業者からの一括見積もりができます。複数業者の見積りで、あなたの車の買取価格の相場が分かり、その中で一番高額買取をしてくれる業者を探すことができます。一番高く買取りしてくれる買取業者選びと高値で売るための相場チェックをするために、是非、ご活用ください。