車を売却する際に事故車であれば、もちろん査定額は低くなります。もしかしたら、黙っていればバレないと思っているかもしれませんが、査定のプロは、『綺麗に掃除しても、隠しても事故車か見極めるポイント』を見ています。あなたも査定のプロがチェックするところを知っていたら、中古車を購入する際の事故車の判定やメーター不正車を判断できるため、知っておいて損はないでしょう。

中古車を購入する際に失敗しないためや自分の車の売却価格を納得するためにも、事故車を見逃さない査定のプロのチェックポイントを知っておきましょう。チェックポイントは以下になります。

事故車をチェックするポイントとは?

  • ボンネットとフェンダーのズレがある
  • ボンネットとフェンダーのスキマが均一でない場合、事故車でボディーが歪んでいる可能性があります。修復歴をチェックしてください。

  • ヘッドライトとボンネット、バンパーとのスキマが均一か
  • 極端にずれがある場合は、事故車の可能性があります。少しのズレは、ライトが切れた際に交換などの作業を行い、その際にズレてしまった場合もあります。

  • テールライトとトランク、バンパー、フェンダーのスキマ
  • 同じく後方の事故がないかチェックしてください。

  • ドアのまわりのズレ
  • ボルトの取りつけ部分の破損、塗装のはがれ
  • ボルトをチェックすると、事故などで修復した可能性が分かります。特に取りつけ部分の破損があった場合は確実に修理しています。塗装の剥がれや、工具でのキズがあった場合も、事故などで修復した可能性があります。

走行距離に対して、シートがへたっていないかチェック

運転席のへたり具合をチェックしてみてください。見た目で大きくへたっていませんか。もし、見た目で分かりにくい場合は、助手席と乗り比べてみてください。乗り心地の差が大きい場合は、事故車でないか要チェックです。

ハンドルのすれや劣化がある

走行距離が多い車ならハンドルの使用回数も多いので、すれや劣化が激しいものです。(ハンドルカバーを使用していた場合、判断が難しいです)ハンドルを握った際に、ハンドルが重すぎる、違和感を感じるなど場合は気をつけましょう。

アクセルペダル・ブレーキペダルのすれや劣化

アクセルペダルは走行距離の大きく関係されるものです。アクセルペダル・ブレーキペダルのすれや劣化がないか、細かくチェックしてみましょう。

事故車でも高く買い取ってもらえる業者を見つけるには

査定のプロが見ているのは、年式や走行距離に対しての摩耗、劣化に加え、事故車を隠そうとする、修復のための不自然な形状や部品の摩耗・キズをチェックしているようです。ここが、プロの査定士がチェックする修理や清掃ではごまかせないポイントです。しかし、人気の車種や特別なグレードの車など、ファンやマニアが好む場合、高く買取できる場合もあります。少しでも高く買い取ってもらえる業者を見つけるために、一括見積をご利用ください。