車を売却する際の査定 項目

車を売却する際に行う『査定 』とは、どんなところをチェックしているのか気になりますね。査定場所を知っておくことで、高く買取してもらえるか、または査定額が減ってしまうか分かります。自分自身でもどんなところが査定でチェックしているか知っておくことは、車を高く売却するためには必要な情報です。そのため、車を売却する際の査定項目をまとめてみました。※査定方法や項目につきましては、買取専門店、各社ディーラー、中古車販売店で違います。こちらは参考としてご覧ください。

外装(車体の状態)の査定 項目

  • ボディ全体的な汚れ具合
  • ボディーカラー(人気の色やマイナー色か)
  • ヘッドライト・テールランプ
  • エアロパーツ(純正品・社外品のチェック)

キズ・ヘコミ・サビの有無

  • ボンネット
  • 天井・サンルーフ
  • ドア
  • バンパー
  • ナンバープレート
  • 鍵穴とドアノブ周辺のキズ
  • フロント・リア・サイドガラス

ラジオ・テレビ等のアンテナの有無、ドア・ウインドーの開閉具合(作動確認)のチェック項目もあります。ただし、社外品などのオーディオなどは査定額が大きく変わることはありません。

内装(車内の状態)の査定項目

  • 全体的な汚れ具合
  • 喫煙の有無(ニオイ・汚れ具合・灰皿使用)
  • シート(革シート)の汚れ具合
  • フロアーマット
  • ハンドルやメーター類

装備品のチェック項目

  • オーディオ
  • カーナビ
  • スピーカー
  • エアバッグ
  • 車載工具

トランクスペース汚れ、スペアータイヤの使用確認、その他付属装備品等

エンジンルームの査定項目

  • 車体番号
  • エンジンの調子
  • エンジンオイル
  • オイル漏れ・にじみ
  • バッテリー(純正品・社外品)
  • 改造パーツの有無
  • シャーシ(車台)の査定項目

    • 修復歴の有無(フレームをチェック)
    • 車高(サスやショック)
    • タイヤの山(すり減っている状態)
    • ホイールの傷
    • マフラー
    • タイヤハウスの中
    • オイル漏れやにじみ
    • 各部のヘコミ、キズ、錆

    車全般の査定項目

    • 車種
    • 年式
    • グレード
    • 走行距離
    • 車検証
    • 整備記録簿

    ※特に車種、年式、グレード、走行距離が査定額の相場を決定する大きなポイントです。相場を知り、相場以上の買取してもらえる業者を見つけましょう。

    車の査定 で減点されるポイントとは

    車の売却の査定項目で、車種やグレード、買取した地域の特色により査定で減点されるポイントがあります。査定では、どこでどのように乗られていたかもチェックポイントになっています。寒冷地仕様車は査定で減点されます。また、防錆加工(アンダーコート)を行った車も査定で減点されます。どちらも障害を受ける地域の車として認知されるため、全国を市場とする買取業者では、減点対象になるようです。※アンダーコートについては、ボルトなどの確認ができなくなるため、査定で減点されます。

    買取査定にかかるポイントは、車の走行に問題がない(故障がない)事と購入予定者が心地よく運転できるものである事が重要です。ちょっとくらいの傷や汚れも、将来の購入者が気にする場合もあります。車を高く売却したいなら、できるだけ大切に乗って清掃もきちんと行いましょう。以上の査定のチェック項目を知っておき、少しでも高く売却できるようにご参考ください。