車のローンが残っていても売却はできます。

車のローンが残っていても売却できます。車のローンが残っている車売却をするためには、まず車検証で車の「所有者名義」を確認しましょう。所有者の名義により、手続きや買取後の清算方法が変わりますので、以下で確認しましょう。

車の所有者が自分が名義の場合

そのまま売却することが可能です。※ただし、金融機関のローンを利用している場合は契約内容を再確認しましょう。

車の所有者がローン会社等の名義の場合

ローンを完済して所有権移転の手続きが必要となります。しかし、買取業者での手続き代行で売却後にローンの清算を依頼できます。

ローンの残額と売却後の価格の差額がある場合

売却価格がローンの残額に届かない場合は差額の現金を支払います。売却額がローン残額より多かった場合、差額の現金を受け取ります。

車のローンが残っていたら早めの売却をオススメします。

ローンが残っている場合、一日でも早く車を売却することと、一括査定で一番高い業者に買取してもらい、買取額からローンの返済にあてましょう。※ローンが残っている売却については、買取業者毎に取り扱いは変わりますので、見積依頼をする買取業者様へご確認ください。