買取査定で高く評価されるボディカラーとは?

一般的に買取査定で高く評価されるカラーは、ホワイト系、ブラック系、シルバーなどの無難な色です。これらは流行に左右されないということもあり、飽きもこないため、年代を問わず人気のカラーとなっています。そのため、中古車販売業者にとっては売れやすいカラーとして、プラス査定されやすいと言えます。特に販売価格の高い高級車は、在庫を抱えるリスクを避けるためこの傾向が強いようです。あなたの車のボディーカラーは買取査定で高く評価されるのかチェックしてみましょう。

車種によって人気のカラーがある

しかし、ホワイト系、ブラック系など無難な色以外でも、車種によっては人気のカラーというものが存在しています。コンセプトの強い個性のある車種は特にこの傾向が強いようです。スズキハスラーでは、CMに登場しているオレンジ・ブルー・ピンクは人気があり、同じくスズキ スイフトは、イエローが人気となっています。しかし、CMに出ている車のカラーが全て人気というわけではありません。そのため、査定を受けてみて相場を調べてみましょう。

限定カラーの評価とは?

メーカー限定カラーというのもマニアに人気のあるカラーといえます。市場をみて自分の車のカラーが人気色なのかを調べてみるのもいいでしょう。

人気の無いカラーとは?

日本人の好みは、白、黒のカラーに集中しています。実は車の販売価格もカラーにより変わります。そのため、人気の無いカラーと言われているイエロー、レッド、グリーンなどの原色系は、白や黒に比べて、販売価格が低いため、買取査定額は下がってしまいます。

ボディカラーでは買取査定は大きく変わらない

ボディカラーの査定への影響は、人気色でないからといって大きく価値が下がるというわけではありません。人気のあるカラーだと若干プラスになる程度と考えておくとよいでしょう。また、ボディカラーの人気は流行やお客様のニーズによって変わります。まずは、一括査定を使って買取額を調べてみましょう。そして、あなたの愛車を高く買取してくれる業者を見つけましょう。