車検の有効期限はどのように査定に影響するのか?

車検の有効期限がたくさん残っていると査定額がアップするように思うのですが、実はそれほど影響しないというのが本当のところです。また、車検を受けたばかりでも買取査定が大幅にプラスになることはありません。

車検とは?→自動車検査登録制度

車検切れが間近になれば買取査定額は下がる

車検の有効期限が長くても査定額はアップしませんが、車検の残り期限が1年を切ると査定額が下がることが多いようです。それは中古車として次の購入者が敬遠することが多くなるため、できれば1年を切るまえに買取査定を受けたほうが良いといえるでしょう。

車検を通してから売却した方が良いか?

一般的に車検を通すと費用は10数万円ほどかかります。しかし、査定では車検に掛かった費用を埋め合わせできるほど、買取額がプラスにはなりにくいのです。実は、買取業者は整備工場などと提携しており、車検にかかる費用を抑えられるので、車検に関する価値はそれほど高くありません。そのため、売却するためだけに車検を受けることは金額的に得になりませんので、車検を受ける前に売却したほうが結果的にお得になるとお考えください。

買取依頼への準備として、以下を参考ください。

車を出来るだけ高く売りたいなら、早めに一括見積もりをして、売却の相談をすることをおすすめします。